総務広報委員会 事業計画  委員長 牟田 和也

長い歴史が続くこの阿久根の地で、38年前に我々の先輩方が郷土への愛を示すべく立ち上げた阿久根青年会議所は、現在では12人という少ない会員ながらも一人ひとりが情熱を持ち活動を展開しています。阿久根のこれからを担う我々が、この地域に根差し、必要不可欠な青年団体として組織の力を強める中で、郷土人として自然や誇りある伝統、文化にふれ、天命を知り、宿命に立ち向かい、未来を拓く力を携えた組織づくりが必要です。

 

まずは、地域の人たちとともに未来を切り拓く意思を共有するために、2018年の新春を地域各界で活躍する皆様とともに祝い、地域の未来を語らうことで、阿久根青年会議所のまちづくりへの想いに共感していただきます。そして、阿久根青年会議所をより強い組織にするために、理事会の意思を会員に伝える場として通常総会を開き、会としての目的意識を共有し、会員同士の連帯感を醸成します。さらに阿久根青年会議所の組織力を強化するために、他LOMとの交流を図る会員研修を実施することで、会員一人ひとりに阿久根青年会議所の強みと弱みを知った上で、より良い組織にするために必要なことを考えさせます。また、明るく豊かな社会を求め行動するより多くの同志を得るために会員拡大への意思と情報を共有する場を継続的に設けることで、会員拡大運動を発展させます。そして私たちの運動を市民に伝播させるために、会員一人ひとりが本年の活動を作文したものを様々な形で市民に対して発信して行くことで、市民の共感と賛同を獲得します。さらに、郷土に誇りをもつために、歴史や文化に触れる機会を創出し先人の尊さを共感します。

 

 我々が率先して行動し対外に積極的に発信していくことで、団結した活気あふれる青年団体であることを示し、さまざまな事業や活動を通して地域とのネットワークを構築し、地域住民や各種団体とのつながりをより強固なものとし、明るい豊かな社会を実現します。

 

<事業計画>

1.新春賀詞交換会の開催

2.通常総会の開催

3.会員の意識向上に向けた会員研修の開催

4.地域の人々との絆を深める事業の実施

 

5.会員拡大

まちづくり委員会 事業計画  委員長 宇都 七聖

東シナ海に面する阿久根市と長島町は、魅力ある雄大な自然と食材の宝庫であり、まちを活性化させるためのPR素材は多く溢れていますが、平成の始めのころに比べ人口は減少し、これからを担う若者が都市部へ流出しまちから活気がなくなっているのが現状です。阿久根市・長島町の垣根を越えて活動する我々が、様々な組織や団体と連携をしながらまちづくりを担い、明るい豊かな社会を目指した未来を拓くまちづくりの実現が必要です。

 

 まずは、北薩地域で我々と同じ志をもって活動を展開するLOMとの交流を図りより強い広域的なネットワークを構築するために、北薩4LOM合同鹿児島ブロック会長公式訪問例会を開催し、広域的な連携を深め今後の活動の協力体制を築きます。そして、現役会員と先輩諸兄姉の関係性をより一層深めて協力体制を強固なものにするために、OB交流会を開催し、事業への協力を仰ぎ、アドバイスをいただくことで今後の活動に活かします。さらに、地域内外の方にも地域の魅力を体験していただくために、阿久根市・長島町が誇るさまざまな文化に特化したイベントを開催し、各種団体や各企業、行政機関を巻き込みながら効果的な広報活動と交流人口の拡大をおこないます。また、市民の方に郷土愛を育んでいただくために、それぞれの地域の伝統的な郷土芸能と連携した神輿巡行をおこない文化に触れる機会を提供し、地域の歴史や文化を発信します。そして、希薄化しているまちのコミュニティを強化するために、各種団体と地域住民の方と連携した事業を開催し、よりよいまちの活性化につなげ活力と希望に満ちた明るいまちづくりの構築に努めます。

 

 地域団体として積極的な活動を続ける我々が、地域の魅力を伝える事業を展開し、阿久根市民や長島町民との交流を深め、各種団体と協力して関係性を強化し、活力と魅力を兼ね備える希望に満ちた郷土愛あるまちづくりをすることで明るい豊かな社会を実現します。

 

<事業計画>

  1.北薩4LOM合同鹿児島ブロック会長公式訪問例会の開催

  2.OB交流会の開催

  3.神輿巡行の開催

 

  4.関係諸団体と連携したまちづくり

青少年育成委員会 事業計画  委員長 川邉 啓一

阿久根・長島は、美しい東シナ海の海岸線と豊かな山々に恵まれた地域であり、子ども達の成長にとって大切な自然の豊かな地域であります。しかし、地域コミュニティの弱体化やIT技術発展に伴うライフスタイルの多様化などにより、子供たちが豊かな自然に触れ合う機会は失われつつあります。自然体験活動での原体験を通して、子ども達が自然の大切さを知り郷土愛を育む機会を、我々阿久根青年会議所が創出していく必要があります。

 

まずは、阿久根青年会議所が子ども達に効果的な指導力を発揮できるようになるために、体験活動の現状や生涯学習に対する知識と、青少年活動に関わる指導の理論と技術を習得できる会員向けの研修会を実施することで、青少年育成事業に向けた各会員の能力向上を図るとともにと指導する意欲を育てます。さらに我々がこの地域の豊かな自然の魅力を子ども達に対ししっかりと安全に伝えられるようになるために、自然体験を交えた会員研修を実施することで、自然体験のプログラムを安全かつ効果的に実施できる基礎力を養うとともに、子ども達に伝えるべき自然の素晴らしさ楽しさを自ら体感してもらいます。さらには、地域の子ども達に郷土愛を育み、自己達成感を体験してもらうため、自然体験型のイベントを開催します。子ども達に地域の自然の中での活動することの楽しさと地域のことを知ることによる喜び、そして清々しい達成感を与えます。また、豊かな自然を多面的な角度から体験し、検証する学習会を開催することにより、会員が新たな阿久根・長島の豊かな自然を認識し、それを効果的に活かすことができる視野の広い想像力を養います。

 

我々阿久根青年会議所の会員ひとり一人が、地域の自然を深く理解し子ども達への指導力を向上させることにより、地域の子ども達の郷土愛を育み自己達成感を高め、次世代の子ども達へと受け継がれる「人と自然が共生するまち阿久根」をより確かなものとします。