総務広報委員会

 

委員長 江里 克久

 日本三大急潮のひとつである黒之瀬戸急潮を有する阿久根市・長島町は雄大な自然を有していますが、少子高齢化・人口減少などの問題を内包しています。若年層の減少に伴い、地域行事などの地域の伝統の継承が困難になってきております。この地域に住み暮らす方々が、この地域の問題を他人事ではなく、自分事として捉えられるような参画しやすい事業や活動を展開し、またその地域の情報を積極的かつ効果的に発信する必要があります。

 まずは、定款に基づき1月及び9月総会を開催し正会員と特別・賛助会員に私達の活動にご理解頂き、会員の意識の統一を図り組織としての体制を整えます。つぎに、理事長並びに、阿久根青年会議所会員一同の目指すビジョンや活動方針を地域の方々に広く周知するために、新春賀詞交換会を開催致します。ご来場される方々の相互交流の場とし市民・行政・各種団体とのより強固な協力体制を築きます。そして、人と人とのつながりを大切にし、地域の方々と一体となってまちづくりを実践していくために、次世代を担う阿久根市・長島町の青少年との交流を図る事業を実施します。その事業での交流を通じ青少年と関わりをもち絆を深めることで、未来につなげるための青少年育成事業を開催します。また、広報活動では情報内容を充実させたものをホームページやSNSなどで多方面に発信することで、多くの方々に私たちの活動や今後行われる事業を周知する機会を増やします。さらに、地域の方々が積極的に参画できる事業を実施することで、阿久根青年会議所の活動を体験・体感して頂き、共にまちのために活動できる銀鱗躍動する会員を増やします。

想いを込めた活気ある活動・情報発信を行う中で地域を愛する青少年を増やし未来につなげ、共に活動する仲間を増やしつつ組織を強化し活動の輪を広げ、行政や各種団体とのより強固な協力体制の「和」を築き、阿久根青年会議所は明るい豊かな社会を実現します。

 

<事業計画>

  1.新春賀詞交換会の開催

  2.通常総会の開催

3.大人と子供の絆を深める青少年育成事業

  4.会員全員で取り組む会員拡大